ヨガ情報サイト

HOME > ヨガ情報 > 夏の疲れを取るヨガポーズ

夏の疲れを取るヨガポーズ

2019-09-11

少しずつ涼しくなってくるこの時期は、夏の疲れが一気に出てくる頃です。

夏の間に「食欲が落ちてしまった」「暑さでよく眠れなかった」「エアコンで身体を冷やしてしまった」といった方は、

夏のだるさを取るために、股関節と肩甲骨の連動をよくほぐし、胸かくを広げ夏のけだるいムードを払拭しましょう。

 

ひばりのポーズ

 

 

1)足の親指を重ねないように正座をして座ります。

 

2)正座の姿勢から、左足を後ろへまっすぐ伸ばします。この時、右足のかかとは内側へヒップは床につけましょう。

 

3)息を吸いながら両手を上に上げ今度は息を吐きながら身体を反らせます。

  この時、身体が横向きにならないように、また両腕が外側に広がらないように注意します。

  この姿勢を天井を見上げて約30秒ほど自然呼吸をしながらキープ。

 

4)同様に、反対側の足でもやってみます。

 

Copyright MANABI YOGA. All Rights Reserved.