ヨガ情報サイト

HOME > ヨガ情報 > 梅雨におすすめヨガ

梅雨におすすめヨガ

2019-06-12

いよいよ梅雨本番!! 雨の日は副交感神経が優位に働きます。

リラクゼーションしやすくなる代わりに、身体も重たく疲れを感じられてる方も多いのではないでしょうか?

そんな時は、交感神経を刺激するアーサナを長めに行ってみましょう。

 

交感神経を刺激するアーサナ

ウールドヴァムカシュヴァーナアーサナ(アップドッグ)

 

1)床の上にうつぶせになる。両脚を後ろに伸ばし、両足の甲を床の上に。

      肘を曲げ両手のひらをウエストの脇の床の上に指を広げて置き、前腕がほぼ床に対して直角になるようにする。

2)息を吸いながら両手の内側を強く床にそしてやや後方に押し、体を床づたいに前に押し出すかのようにする。

    吸う息で両腕をまっすぐ伸ばして、同時に胴体を持ち上げて 両脚を床から数センチ離す。

       大腿を引き締めてやや内側に入れ、両腕を引き締めて肘の折れ目が前を向くように外側に向ける。

3)   尾骨を恥骨の方へ押し、恥骨をへその方へ持ち上げる。

    腸骨稜(骨盤の一番上)の間を狭める。臀部は固くしないように引き締める。

4) 肩甲骨を背中に引き締めて、肋骨脇を前方へ突き出す。胸骨の最上部を引き上げる。

    そのとき肋骨の前側は前方へ出さないように。そうすると単に腰を固くしてしまう。

    まっすぐ前を見るか頭をやや後ろに傾けて、首の後ろ側を圧縮してのどを固くしないように気をつける。

5)   ウルドヴァ・ムカ・シュヴァナーサナは、伝統的な太陽礼拝の一部であるが、

    楽に呼吸しながら15~30秒ホールドして単独で練習することもできる。

    背中を床へ下ろすか、吐く息でアド・ムカ・シュヴァナーサナ(下向きの犬のポーズ)になる。

 

ウシュトラアーサナ(ラクダのポーズ)

 

1)両ひざを肩幅に開いて床にひざ立ちの姿勢になり、両手を腰にあてます。

2)息を吸いながら胸を開き、腰を斜め上に伸ばしながら上半身を少しずつ後方に反らします。

3)姿勢を維持しながら右手で右のかかと、左手で左のかかとをつかみます。

4)胸を天井に向けるように大きく開き、30秒ほど呼吸を続けながらキープします。

5)両手を腰に戻し、ゆっくりと体を元の位置に戻していきましょう。

6)呼吸を整えて、数回繰り返します。

 

Copyright MANABI YOGA. All Rights Reserved.