ヨガ情報サイト

HOME > ヨガ情報 > 梅雨は、お家でヨガしよう♪

梅雨は、お家でヨガしよう♪

2019-06-11

梅雨時期は、ジメッとして空気も重たく感じますね。

この時期は、そんな身体の重さ、むくみ、だるさを感じやすい時でもあります。

イライラ、やる気の低下、胃腸機能の低下、そして関節の痛みなどもでやすい時期です。

そんなときこそヨガで心身を整えたいですね。

 

交感神経・副交感神経の上手な切り替えで良い睡眠を

夜に副交感神経を優位に活動させるには、実は昼間の生活が重要である。

昼間、いかにメリハリをつけた生活をするかにかかっている。

生活にメリハリがないと自律神経のバランスが悪くなる。

例えば、日中に運動を一切しなかったら交感神経の活性化が足りず、夜になってから交感神経が働いてしまう。

日常生活でどちらかの神経ばかり働かせてしまうことで、自律神経の切り替えがうまくいかなくなる。

交感神経が日中にしっかりと活動することで、夜、副交感神経への切り替えがスムーズにいくのである。

そして、自律神経は体内時計によってコントロールされているため、

日中、交感神経をしっかりと働かせるには、体内時計を整え規則正しい生活をすることが重要である。

 

交感神経を意識的に働かせよう

雨の日は副交感神経が優位に働きます。

リラクゼーションしやすくなる代わりに、心身ともに重くなりがちです。

そんな時は、交感神経を刺激するアーサナを長めに行ってみましょう。

 

ヨガの呼吸で健康美人

ヨガでは、呼吸を大切にしています。

口呼吸ではなく、鼻呼吸がヨガの基本。

鼻呼吸を行うと、毛がフィルター代わりになり、空気中の埃など不要なものが遮断されます。

さらに、鼻膣を通ることで、ちょうどいい温度や湿度の空気を肺に送ることができるのです。

口呼吸ではウィルスなどが体内に入りやすいため、ヨガをはじめたら風邪を引かなくなったという話はよく耳にします。

呼吸方法を変えるだけでも、少しずつですが健康体になっていきますよ。

ぜひ、口が半開きになっていないか、口呼吸をしていないかなど、自分で確認してみてください。

口を開いて呼吸するクセがある人は、意識して唇と閉じ、口角を優しく上げて、鼻呼吸を。

それだけで表情が引き締まって、美人度もアップしますよ。

初心者の方は鼻呼吸を難しく感じるようですが、梅雨は湿気が多く、乾燥している時期より呼吸がしやすいはず。

この季節は、いろいろな面で、ヨガを始めるのに最適なのです。

 

 

 

Copyright MANABI YOGA. All Rights Reserved.