ヨガ情報サイト

HOME > ヨガ情報 > ヨガの逆転のポーズの効果とは…

ヨガの逆転のポーズの効果とは…

2018-05-19

ヨガの逆転のポーズとは、逆立ちに似たモチーフのポーズであり逆立ちによって得られるのと同じような効果があります。

具体的には、頭の位置が腰や脚より低くなるポーズが、逆転のポーズと呼ばれています。

逆転のポーズは、重力から解放されることによって起こる血行促進や内臓、

骨盤などを引き上げる効果によって得られるホルモンバランスの改善や

免疫機能を高めまた、神経系のバランスを調整しネガティブな気持ちを前向きにしてくれる効果もあります。

毎日行うことで新陳代謝が活発になり、アンチエイジングやボディラインにも効果が期待されています。

難しいものは練習が必要となりますが、簡単に安全にできるものを取り入れることで誰でも安心して始めることができるでしょう。

 

逆転のポーズの効果

 

血行促進

逆転のポーズには、血行不良を改善する効果があります。

脚を頭より高い位置に置くという普段とは違う体勢を取ることで、あまり使わない筋肉が刺激され血行がよくなります。

全身を使うため血液が末端まで行き届き、冷えにも効果があります。

さらに下半身に溜まりがちなリンパ液の循環もよくなるため、むくみも解消されます。

内臓機能の正常化。消化不良やぽっこりお腹の原因にもなる内臓下垂。

逆転のポーズは、普段重力に引っ張られて下がりがちな内臓を正常な位置に戻す効果があります。

内臓機能が正常に戻ることで、便秘や下半身太りが解消され、すっきりした見た目になることができます。

骨盤が圧迫されることが原因で起こる冷え、生理不順にも効果が期待できます。

 

体幹の強化

逆転のポーズでは、レベルが上がるほど体幹を強く使います。

簡単な逆転のポーズでも、身体を安定した状態を保つために体幹を使います。

毎日続けることで体幹をどんどん強くすることができます。

猫背や出っ尻などの姿勢のクセや体の歪みも改善され美姿勢に導いてくれます。

 

ストレス解消

逆転のポーズは、身体だけでなく心にもいい影響があります。

頭を下にすることで、脳に新鮮な血液や酸素が行き渡り、脳が活性化します。

脳が活性化すると脳から出るホルモンのバランスが安定し、穏やかな気持ちになることができるのです。

 

疲労回復

ダイナミックな見た目の逆転のポーズですが、実はリラックス効果や疲労回復効果もあります。

体幹を強く使うポーズだからこそ、ポーズ後に心地よい脱力感を味わえるのです。

また、慣れてくると最小限の力でポーズを維持できるようになり、ポーズ中にもリラックスができます。

一時的な効果だけでなく、続けることで疲れにくい身体になれます。

逆転のポーズをするタイミングは、ヨガで動いた後や寝る前などがおすすめです。

 

 

Copyright MANABI YOGA. All Rights Reserved.