ヨガ情報サイト

HOME > ヨガ情報 > ヨガによる嬉しい9つの効果!美・心・体

ヨガによる嬉しい9つの効果!美・心・体

2017-11-29

ヨガの効果にはどのようなものがあるかご存知ですか?

ハリウッド女優や日本の芸能人も多く実践し若い女性を中心に人気を集めていますが、

ヨガを行っている人が健康的に美しく見えるのはなぜでしょう?

ダイエット、美肌、アンチエイジング、便秘、冷え性、うつ、ホルモンバランス、ストレス…。

ヨガにはどんな効果があるのか、具体的に見ていきましょう。

 

ダイエット

 

身体を大きく捻ったり曲げたりするヨガのポーズはインナーマッスルと呼ばれる身体の奥の筋肉を刺激します。

この筋肉は日常生活では、あまり使われないためヨガで刺激を与えることで鍛えられ

基礎代謝を増やす手助けをしてくれるのです。

そういった意味では

ヨガでのインナーマッスルを強化することでかなりダイエットを楽にしてくれます。

特にヨガのポーズではくびれやお尻、脚など女性が気になる部位に対して

大きな引き締め効果を発揮してくれます。

柔軟性も養われ女性らしいしなやかな身体つきなることが期待できます。

 

美肌・アンチエイジング

 

ニキビ、シミ、シワなどの肌荒れの原因には、血行不良、ストレス、睡眠不足などが考えられています。

ヨガをすることによって、身体を動かし、血行が良くなり、肌の毛細血管まで血流がよくなります。

その結果、お肌にしっかりと栄養が行き渡りシットリとしたハリのある美肌になるはずです。

また身体を動かすことは気持ちも晴れ晴れしてストレス解消につながります。

ストレスは、活性酸素を増やしシミの原因になりますがこれを予防することができます。

そしてヨガでは深い呼吸を行います。

これにより自律神経が整えられリラックスしよく眠れるようになります。

 

便秘改善

 

便秘改善には、二つの原因が考えられます。

一つ目は身体を動かすことで腹筋の筋力がアップしインナーマッスルが内蔵機能を整え

排泄物を押し出す働きをしてくれるということです。

また内臓が正しい位置に戻るので血液や水分の循環が改善され便が水分を取り戻し排泄しやすくなるというわけです。

もう一つの原因は、神経の面です。

腸の蠕動運動は、副交感神経が司っています。ヨガの深い呼吸により副交感神経が活発になり便が排泄されやすくなるのです。

この副交感神経が活発になればストレスが引き金になっておこるといわれている痙攣性便秘にも効果的です。

 

冷え性改善

 

冷え性の原因の一つにストレスが考えられています。

ストレスは交感神経を活発にし身体を緊張状態にします。

すると手足の毛細血管が収縮し血行が悪くなり身体が冷えてしまうのです。

ヨガでは、呼吸法により乱れてしまった交感神経と副交感神経のバランスを取り戻します。

ヨガをすることによって普段使わない筋肉を鍛えることができる点と骨や関節の位置を正すことができます。

これによって血流に影響を与え冷え性を改善出来るのです。

 

身体のゆがみ矯正

 

デスクワークや荷物を持つときの利き手、子供を抱っこする時の利き手。

私たちの体は、どこかしらゆがみを持っています。

それが原因で猫背やストレートネック、ひどい腰痛や肩こりに悩まされることになります。

ヨガでは、一つのポーズを左右同じように行います。

それによって体の前後左右のバランスが戻り

猫背やストレートネックなど、背骨に関する歪みに大きな効果があります。

またヨガでは、骨盤を正しい位置・高さに保ちながら

色んな姿勢を取ることを大切にしています。

さらに両足を内側にギュッと締めたりなど骨盤に作用する動きも多いため

骨盤矯正の効果も期待できるのです。

 

ホルモンのバランスを整える

 

女性ホルモンは、卵巣から分泌されるので骨盤の状態は非常に重要です。

ヨガでは、背骨や骨盤のゆがみだけでなく血流やリンパの流れもよくなりこのことも女性ホルモンの分泌を促すことにつながります。

女性ホルモンが整えられることによって生理不順やPMS、不妊、更年期障害を緩和する効果が期待されます。

この他にもホルモンバランスの改善によって

髪や肌の艶が良くなったり爪が強くなるといった効果も見られます。

 

うつ病改善

 

ヨガがうつ病をはじめとする心の病に効果があるとされている理由の一つには、

緊張を和らげる効果があると言われていることが挙げられます。

うつの状態にある人は一般的に交感神経が常に活性化していることが指摘されています。

そこで副交感神経を優位にさせてリラックスする必要がありますがその力がヨガにはあるのです。

うつ病などの気分障害を持つ人には、姿勢がよくないということが指摘されています。

ヨガのポーズを実践することによって姿勢を正すことが可能になります。

さらにヨガのポーズによって筋肉の緊張はときほぐされます。

すると深く呼吸をすることができるようになって、

ストレスや抑うつ感情を自分でコントロールすることがある程度できるようになると考えられているのです。

 

脳の活性化

 

ヨガは瞑想に近い行為も行うため脳を活性化する効果があります。

深い呼吸と目を瞑っての意識の集中により脳の中で神経が結合して機能を活性化させるのです。

こうして脳の機能が高まることにより集中力も自然と高まり研ぎ澄まされます。

ヨガは脳の機能を高めてくれますが特に左脳の強化に効果が高いと言われています。

左脳は発想力を司る機能を持ちクリエイティブな能力を左右しています。

その結果、集中力が高まり神経が研ぎ澄まされ発想力がアップしたり記憶力が上がったりするそうです。

ヨガを実践中にアイデアが浮かぶ事も珍しくないので行き詰まったら

息抜きがてらヨガをしてみるのもありだと思います。

 

ストレス解消

 

ヨガは、肉体だけでなく精神面にも働きかけることが可能な身体技法です。

人間の心は自分の意志ではどうにもならないものです。

ヨガのポーズや呼吸法によって、深いリラックス状態になります。

ヨガが人間の心の与える効果には精神の安定、イライラをなくす、開放感、爽快感などが挙げられます。

ヨガで行うポーズと深くゆったりとした呼吸は過度の緊張を解きほぐし自律神経の働きを調整します。

リラックスした心のバランスを取り戻すことによりストレスを解消することができます。

筋肉を緊張させてから緩めたり、意識的に呼吸に集中することによりリラックス効果も期待できます。

ヨガで得られるリラックス状態は深く、ストレスに負けない心のためのメンタルトレーニングとしての効果もあります。

 

まとめ

このようにヨガには様々な効果が期待されています。

『身体だけではなく心まで健康になれる』

それがたくさんの人々や国で愛されている理由の一つです。

体が柔らかくないから無理と諦めることをせず、

自分の柔軟性にあった姿勢をとることから始めてみては、いかがでしょうか?

現代社会では、ストレスが自然と溜まるものです。

ストレス解消も兼ねながらヨガでリラックスし美貌を保つ。

ヨガは年齢問わずできますので一生の趣味になるかもしれませんよ!

 

 

Copyright MANABI YOGA. All Rights Reserved.